動画配信ツールOBS STUDIOのことを中心に解説するサイトです

OBS STUDIOの使い方

導入編【セットアップ】

OBS STUDIOの入手方法、セットアップの説明

更新日:

OBS STUDIOを手に入れてセットアップをしよう

このページではOBS STUDIO(OPEN Broadcaster Software Studio)の入手からセットアップまでを解説したページです。

「OBS STUDIOってなに?」っていう人はこちらを参考にしてください。

OBS STUDIOとは?

面倒くさいっていう人は「動画配信をするための道具」だと思ってください。

興味のある人は是非このページをみて、OBS STUDIOを使ってみてください。(無料で使うことができます)

OBS STUDIO の入手について

このページが公式ページとなっています。

https://obsproject.com/ja/download

右下の「Download Installer」をクリックしてダウンロードをしてください。

ダウンロードが終わったら、「OBS-Studio-(その時のバージョン)-Full-Installer.exe」というファイルがあるのでクリックをしてインストールを開始します。

OBS STUDIOをインストールしよう

インストール場所を指定しよう

ダウンロードしたOBS STUDIOのインストールファイルをクリックするとこのような画面になります。「I Agree(同意します)」を選択してください。

インストールをする場所を決めよう

インストール場所はこだわりがなければ初期設定のままでインストールをして問題ありません。「NEXT>」を選択してください。

セットアップ画面の疑問①

チェックボックスが出てきたけど、どれをチェックしてどれをチェックしてはいけないの?

この画面は2か所のチェックボックスがあります。

「Browser Source」と「Realsense Source」の2か所です。

どちらをチェックすればいいかですが、このようにしてください。

Youtubeの配信でLiveチャットを使いたい人は「Browser Source」のチェックが入ったままにしてください。

チャットの機能を使用するときに使うことが多い部分です。

使いたいかどうかわからない方もチェックを外さないでください。

もしチェックを外してしまってあとから必要だと思っても、再インストールが必要になってしまいます。

「Realsense Source」のチェックが必要な人は、「インテル Real Senseカメラ」が搭載されているパソコンの人はチェックをしてください。

自分のパソコンがどうかわからない人は下記サイトでチェックをしてください。

https://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/realsense-devices.html(インテル公式サイト インテル® RealSense™ カメラ搭載デバイス対応機種ページ)

わからない方はチェックがないままでも大丈夫です。

エラーが出てしまった場合

Visual Studio 2013 Runtimesのページが現れた場合

OBS STUDIOをインストールする際に、うまくインストールができずに上記サイトに飛ばされた人がいると思います。(下記エラー画像で「はい」を選んだ場合)

この場合OBS STUDIO以外に「Visual Studio 2013 Runtimes」が必要になります。

あまり深く考えなくて大丈夫です。そういう道具が必要という認識で問題ないです。

ここで挫折してしまった方は下記リンクから「Visual Studio 2013 Runtimes」をダウンロード、インストールをしてみてください。

https://obsproject.com/visual-studio-2013-runtimes(OBS STUDIO公式サイト)

 

 

Visual Studio 2013 Runtimesのx64とx86のどちらをダウンロードしたらいいの?

 

自分のPCのOSによってインストールするものが変わります。
32bitの場合 Visual Studio 2013 Runtime [32 bit] - vcredist_x86.exe
64bitの場合 Visual Studio 2013 Runtime [64 bit] - vcredist_x64.exe
どちらをインストールすればいいかわからない方は下記を参考にしてください。また、どっちも使えるようにしたい人は両方ともインストールすればOKです。読むのがめんどくさい人も両方インストールしても問題ありません。
windows7の場合 自分のPCが32bitか64bitかわからない場合、「スタート」→「コンピューター」で右クリックします。
コマンドが出てくるので、「プロパティ」を選択してください。
そのあと、「システム」項目にシステムの種類に32bitか64bitの情報がのっています。
windows8の場合 
windows8の場合は下記方法で確認できます。
windows10の場合
windows10の場合は下記方法で確認できます。

エラーみたいなのが出てしまう人①

OBS STUDIOがすでに動いていますというエラー

OBS Studio is already running~(OBS STUDIOはすでに動いています~)

この場合は新しいバージョンをインストールする前に今起動しているOBS STUDIOを終了する必要があります。

このエラーはすでにOBS STUDIOを使っている人が新しいバージョンをインストールしようとすると出るエラーです。

エラーみたいなのが出てしまう人②

ゲームキャプチャ画面を起動していると下記のようなエラーが出る場合があります。

Game Capture is still in use by the following applications~

【訳 ~というアプリケーションが動いているので、インストール前にアプリケーションを終了してください】

この場合は新しいバージョンをインストールする前に今起動しているOBS STUDIOを終了する必要があります。

このエラーはすでにOBS STUDIOを使っている人が新しいバージョンをインストールしようとすると出るエラーです。

インストールを完了させよう

エラーが特になく進んだ場合、インストールが少しすれば完了します。

インストールが完了するとこのような画面になります。

「Finish」を押せばセットアップの完了です。

「Launch OBS Studio」というところにチェックがされていますが、「OBS Studioを起動する」という意味です。チェックを外さなくても問題ありません。

これでOBS STUDIOのインストールは完了です。

 

-導入編【セットアップ】

Copyright© OBS STUDIOの使い方 , 2020 All Rights Reserved.