動画配信ツールOBS STUDIOのことを中心に解説するサイトです

OBS STUDIOの使い方

OBS STUDIOの使い方 YouTube 配信サイト一覧

YOUTUBE LIVE でゲーム実況を行いたい

更新日:

YOUTUBE LIVEとは

簡単に言うとYOUTUBEでの生放送版のことです。

YOUTUBEでは録画した動画をアップすることが一般的ですが、録画をせず生放送も行うことができます。

YOUTUBEには生放送に2種類の方法があります。「配信」と「予約配信(イベント)」です。

違いは「配信」はすぐに配信することができ、「予約配信」は決まった時間になったら配信を開始するというものです。

よく人気実況者が配信を行うときにツイッターで告知を行いますが、その際に「予約配信」を使うことがあります。

YOUTUBE LIVEのはじめ方は特別なことはありません。YOUTUBEアカウントを持っていればだれでも始めることができます。

YOUTUBE LIVE配信のためのOBS STUDIO設定方法

まず、OBS STUDIO(以下 OBS と略します)の設定前にOBS STUDIOの準備を行いましょう。

OBS STUDIOの入手方法、セットアップの説明

OBS起動の準備ができたら、次にOBSのYOUTUBE LIVE用の設定を行います。

OBS を起動したら右下のメニューの「設定」をクリックしてください。

「設定」をクリックすると、メニューが出てきます。

ここの「配信」のメニューを選択してください。

「サービス」と「ストリームキー」の2か所を設定する必要があります。

まず「サービス」の項目ですが、「どのネット配信サイトを使うか?」ということを設定する場所です。

ここではYOUTUBEでの配信ですので「YOUTUBE/YOUTUBE Gaming」を選択してください。

2つ目の設定箇所は「ストリームキー」の部分です、これはYouTubeサイトで確認しないといけません。

YouTubeの画面の右上から、アカウント表示の部分(デフォルトだと人型のマークになっています)を押して「クリエイターツール」ボタンを押してください

クリエイターツールのページに移動をしたら、左側のメニューから「ライブストリーミング」を選択

これで配信用の画面に移動することができます。(ライブストリーミングという画面です)

OBSの設定に必要な情報はこのライブストリーミングの「エンコーダの設定」というところにあります。

下の方までよく探してください。

 

「エンコーダの設定」を見つけたら、「ストリーム名/キー」という項目があります。

右側の「表示」を押して、表示されている英数字をコピーしましょう。

そしてOBSのストリームキーに貼り付けをしてください。

YouTubeでとりあえず配信がしたい方はここまでの設定で始めることができます。

YouTubeでライブ配信を開始する

ここまで設定できたら、あとは配信を開始するだけです。

OBSの右下のメニュー「配信開始」を押してスタートさせましょう!

一度配信を開始すると「配信開始」ボタンは「配信終了」ボタンになります。

きちんと配信ができているか気になる

まずはじめての配信でみなさんが思うことは「これ、きちんと配信できているの?」という点です。

さっそく確認しておきましょう。

確認するのはYouTubeの「ライブストリーミング」の画面です。

配信画面を見てもいいですが、その上に「ライブ配信中です」という表示や、「●(緑色)ライブ」という表示でも確認ができます。

さっそく何か画面に表示してみたい

配信が開始していることが確認できたら、みなさんはいろいろやりたいことがあると思います。

やってみたいこと 例

・画像を表示してみたい

・撮影した動画を表示してみたい

・ゲームをしてその映像を表示してみたい

・ネットで検索しながら雑談をおこないたい

そういう時には「ソース」を設定します。

ここで配信をする素材の追加や削除を行うことができます。

さらに詳しく知りたい方は以下のページを参考にしてください。

画像スライドショーを表示する

 

動画・画像の表示をする【自分の保存した動画、画像を使う場合】

動画を配信したらハウリングをしてしまう場合

ゲーム動画や自分の取った動画を配信して、別のPC/スマホで動作確認をしたら音が響いてしまっていることがあります。

その際にはまず、ライブストリーミングの画面を開いているか確認してください。

ライブストリーミングの画面を開いている場合、ボリュームがミュートになっているか確認してください。

ボリュームが「ミュート状態」になっていればOKです。

もし、画面のように音がでる状態になっていれば、これがハウリングの原因の可能性が高いです。

YouTubeの動画を見るように音量を出す状態にするのは配信する際にはNGです。

配信動画の画質とカクツキの関係

具体例や設定方法を述べることはできますが、まずこのことを忘れないでください。

「万人が納得する画質、カクツキなしは無い」ということです。

簡単に言います。画質を上げれば上げるほど低スペック端末の視聴者はカクツキ始めます。

そしてカクツキを気にすれば気にするほど、配信できる画質は下がっていきます。

これが大原則です。

ここを突き詰めればかなりいろいろな設定や機材を使い始めることになってしまいます。

なので配信初めの人は「視聴者に画面がカクツク」と言われてから設定し直しても遅くはありません。

YouTubeで配信する画質を設定したい

配信をしていて「もっと画質をよくしたい」、「配信画面がカクついてしまうので画質を下げたい」など細かい調整をしたいときがあります。

その時はOBSの設定を行いましょう。

参考として、YouTubeの推奨画質もチェックしておきましょう

YouTube公式サイト ライブエンコーダの設定、ビットレート、解像度

*注意

「今すぐ配信」を使用する場合は無理に画質をいじる必要はありません。自動的に設定を検出して対応してくれるからです。

ここの設定をいじるのは、さきほどの「画質をあげたい、カクつきを直したい」などの目的をもってからしてください。

画質設定の結果をYouTubeで確認する

設定を変更した際に、YouTubeで配信画面を確認します。

しかし、画面を公開配信したくないとみなさん考えると思います。

そこで画質設定の際は配信画面を「非公開」設定にしておくことをおすすめします。

YouTubeの「ライブストリーミング」の「基本情報」の項目に「プライバシー」の欄があります。ここを「非公開」にすれば配信画面は自分以外には見えません。

配信画面を確認する際に

配信画面のカクツキを確認する場合は、配信PCではなく他のPCやスマホで確認することをおすすめします。

特に高画質で配信をする場合は、配信PCに余計な負荷がかかってしまうので高画質に影響が出てしまうからです。

また、画質の上限を見極める際に気にする点は「カクツキの有無」を気にしてください。

画質を上げていき、カクツキが出始めたらその手前がPCのできる画質の上限です。

 

 

 

-OBS STUDIOの使い方, YouTube, 配信サイト一覧

Copyright© OBS STUDIOの使い方 , 2019 All Rights Reserved.